ガラケーとスマホ
机の上のPCと電話

エロメンたちの動画

女性向けの動画作品には欠かせない「エロメン」たち。いち早くメディアにも取り上げられるほどの人気を獲得した鈴木一徹くんをはじめ、さまざまなエロメンたちが女性を濡らしています。

ノートPC

ゲイ向けの動画もある

120%ジェンダーフリーのアダルト動画業界では、ゲイ向けビデオもたくさん見つけることができます。BL好きの腐女子の皆さんも楽しむことができる「イケメンとイケメン」の動画もあります!

老いも若きも男も女も…

机の上のPC

誰が呼んだかアダルト動画界の王子様こと鈴木一徹さんの動画はこちらで詳しく紹介してます。

まさしく老若男女問わずに楽しめるメディア、それがアダルト動画です(ただし18歳未満は除く)。
「アダルト動画を見る人」といえば、ちょっと前まではエッチで笑い声が「デュフフ…」という感じのオッサン、あるいは青年という位置づけでしたが、最近ではもうありとあらゆる種類のアダルト動画があって、特に山より高く海より深く宇宙よりも広いネットの世界では、そんな大量の、多種多様なアダルト動画を自由に、老若男女問わず誰もが楽しめるようになっているのです。女性はもちろん、ゲイの方もレズの方も、どのような性的アイデンティティを持っている方もこのメディアを使い、オナることができるのです。

たとえば、女性向けアダルト動画を制作しているAVレーベルがあります。大手AVメーカーが女性監督やイケメン男優などを揃えて、女性の女性による女性のための女性向けアダルト動画の制作を開始したのは、2000年代に入ってからのこと。イケメン転じて「エロメン」と呼ばれる若くて甘いマスクを持っていて超絶フィンガーテクニックやイケメンボイスの言葉責めなどで女の子を気持ち良くしてあげている映像……そんな映像を収録したAVが制作され、ネット上で公開されています……ネット上で公開されているのは、もちろん、女性向けアダルトビデオを、たとえば普通のDVDパッケージで仕上げてレンタルビデオショップなどに置いても、女性ひとりではなかなかAVコーナーに入ることはできないであろうということを、メーカーのほうでも理解しているからです。
「デュフフ…」と微笑みながらAVを選んでいるオッサンや鼻息荒い青年の横を突っ切って女性向けビデオを探すなんて、なかなか考えられないことでしょう。
というわけで、今、女性向けアダルト動画はネットで見られるようになっているのです。

メディア機器

記事一覧

「どちらさんも寄ってらっしゃい!ゲイ&女性向けアダルト動画の紹介」の記事一覧です。

オススメリンク